車買取査定の基本

財布に打撃の法定1年点検

友人に10年落ちのフォルクスワーゲンPoloを無料で譲り受けたことで、我が家にもようやく便利な車生活がやってきました。
車は維持費がかかるとは言われてきて、覚悟はしていたつもりでしたが、車の輸送費に始まり月々の駐車代、保険料、それにハイブリッドでも何でもない車はごくごくガソリンを飲み干すので、ガソリン代もバカになりません。
そんな中で迎えた法定1年点検。自分でされる方もいるとは聞いていましたが、こちらは車に関しては何の知識も技術もない身のため、おそるおそる近くの取扱店に持ち込みました。

車検は5万円程だそうですが、法定1年点検ともなればまあ1万円くらいかな、とタカをくくっていたのも束の間、10年も経つと車は色んな所が古くなっているのですね。
ワイパーのすり減りやウォッシャー液の交換、その他バルブの交換など、色々指摘されてしまいました。
しかし、運転に支障がないものは極力整備はしてもらわず、最低限にして頂きました。
それでもお会計2万8000円と聞いた時はずうんと響くものがありました。

無料ほど高いものはない?それでも初期費用がないだけまだマシかしら?そんな思いが浮かんでは消えたのでした。
点検中にお借りした最新モデルPoloの燃費の良さたるや、今でも忘れられません。


トラックバックURL

http://www.bhoc.org/archives/6/trackback


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です